蓄電システム、UPSなら電源装置の専門メーカーYAMABISHI


製品情報

コンパクト型長時間バックアップ対応無停電電源装置(UPS) YSB-5Kシリーズ

  • 長時間バックアップ対応型無停電電源装置(UPS) YSB-5K
  • 一般的なUPSは短時間のバックアップで負荷を安全にシャットダウンする事が目的です。これに対し本装置は負荷の継続運転を目的として設計されており、定格負荷でも1時間以上、軽負荷時には24時間以上のバックアップが可能です。
    パラレルプロッセシング方式により平常時は双方向インバータが蓄電池の充電を行いながら負荷には商用電力が供給されるため、効率が良くランニングコストを抑えます。
    停電時は双方向インバータが蓄電池電力を交流に変換し負荷に高品質な電力を供給します。

特徴

大容量の蓄電池で停電時に長時間バックアップが可能

長時間バックアップ一般的なUPSは短時間のバックアップで負荷(サーバ等)を安全にシャットダウンする事が目的です。
これに対し本UPSでは負荷の運転継続を目的として設計されており定 格負荷でも1時間以上、軽負荷時には24時間以上のバックアップが可能です。

蓄電池ユニットの追加により、さらに長時間のバックアップも可能

蓄電池ユニット本体と同容量の蓄電池ユニットを最大4台増設可能です。
定格負荷で3~8時間以上、軽負荷時には48/72/96/120時間以上のバックアップが可能です。

※ご注文時オプション

期待寿命10年以上の国産鉛蓄電池を搭載によりメンテナンスコストを低減

メンテナンスコスト低減蓄電池を使用したUPSは定期的な始動やオイル交換が必要な発電機と比較するとメンテナンスの手間がかかりません。さらに一般的なUPSでは蓄電池期待寿命5年が標準的ですが本UPSでは期待寿命10年の国産鉛蓄電池を搭載しています。また電源本体もこれに合わ せてメンテナンスサイクル10年で設計されておりランニングコストを大幅低減します。

※周囲環境により10年未満でのメンテナンスを推奨する場合があります。

蓄電池の寿命予測によるメンテナンスお知らせ機能

寿命予測蓄電池の寿命は周囲温度により左右されます。本UPSでは蓄電池温度をセンシングして劣化量を累積することにより寿命を算出します。
お客様が想定している負荷のバックアップ時間が満たせているか「達成率シミュレーション」機能により定期的にチェックして交換推奨レベルになればお知らせします。

停電時の残りバックアップ時間を表示

バックアップ時間をお知らせ停電時に残りのバックアップ時間をお知らせします。
現在の負荷電力や周囲温度、蓄電池寿命等を加味して可能な限り正確に予測します。この予測を目安に不要な負荷の遮断などの判断が可能になります。

最大クラス5kVAのインバータ容量であらゆる負荷に対応

あらゆる負荷に対応長時間バックアップのご要望が多いインキュベータ(冷蔵庫)等では冷凍サイクル開始時に定格の6倍程度の突入電流が流れます。長時間バックアップ中には冷凍サイクルが繰り返し発生する可能性があるためインバータ容量が不足すると過負荷で停止するリスクが高まります。
本UPSでは100V系としては最大クラスの5kVA容量に加えて120%の過負荷耐量があり複数のインキュベータを接続しても停止することがありません。

停電時に10ms以内でバックアップを開始

10ms以内でバックアップ開始瞬時波形レベルでの基準比較により停電時に10ms以内にバックアップ運転を開始するため負荷が停止することなく運転継続が可能です。また復電時にも10ms以内で復帰するため負荷の停止はありません※。このため停電時の負荷保護については信頼性の高い常時インバータ方式と比較しても遜色がありません。

※対象は一般的なインキュベータ、パソコン、サーバーなどで、すべての負荷の無停止を保証するものではありません。

最新のデジタル制御技術によりインバータと充電器を一体化

最新のデジタル制御技術により最大クラス5kVAの「インバータ」が商用健全時には同容量の「充電器」へ変化します。大容量を生かして長時間バックアップの要となる蓄電池を高速に充電します。また停電時は瞬時に「インバータ」へ変化して負荷のバックアップを行います。一体化により装置の小型化も達成しています。

インバータと充電器を一体化
繰り返しの停電に備える高速充電機能

災害時の停電は短時間に繰り返す傾向があります。大容量の蓄電池を搭載する本UPSでは復電したときに次の停電に備えて出来るだけ高速に充電が行えることを重視しています。軽負荷時に入力の空き容量を充電にフル活用する最適化制御により、0から50%までの充電が2時間(弊社従来品4時間)、0~70%まで4時間(弊社従来品7時間)で完了します※。

※充電時間条件は本体のみ(増設蓄電池ユニットなし)で充電容量2kVA時

高速充電機能
「入力定格低減機能」により軽負荷ならコンセントでも使用可能

入力定格低減機能コンセント(15A/1.5kVA)で給電している負荷に5kVAクラスの大容量UPSを設置すると負荷電流に加えて蓄電池の充電電流が加算されるため分電盤のブレーカがトリップする恐れがあります。
このような環境では「入力定格低減機能」により1.5kVAに制限すると充電電流が制限されてコンセントでの使用が可能になります。充電器は空き容量の最適化により定格制限された範囲で最大限充電を高速に行います。また出力側の定格仕様は変わりませんのでバックアップ運転中の突入電流などにも対応可能です。

※入力定格低減機能は1~6kVAに設定可能。負荷は入力定格未満の事。
※空き容量を全て充電に使用しないよう制限する最大充電電力設定も可能です。

高効率の回路設計により「商用運転時」はランニングコストを大幅低減

商用運転時は入力をスルーで出力する方式のため定格負荷時は97%の高効率です。一般的な常時インバータ方式UPSの効率90%と比較して最大で年間約6万円のランニングコストが低減可能です。

※算出条件:4kW負荷を24時間使用時。26円/kWhで試算。

高効率の回路設計により「停電時」は軽負荷のバックアップ時間を延長

最大クラス5kVAのインバータ容量でありながら徹底した省電力化により軽負荷への適応力を示す無負荷時の自己損失が弊社従来品と比較して1/3に低減されています。これは同じ蓄電池容量でもバックアップ時間が3倍になることを示します。また定格負荷時も93%の高効率で蓄電池を無駄にしません。

用途

  • PC・サーバ・照明・モニタのバックアップ
  • インキュベータ・培養機器・冷蔵庫・恒温槽のバックアップ
  • 公共機関・交通機関の災害対策室でのバックアップ

ユーザビリティ

カラータッチパネルによるわかりやすいユーザインタフェース

視認性の高いカラータッチパネルにより状態を的確に伝えます。停電/復電時刻などのイベント履歴や警報の表示、設定変更、蓄電池情報表示、1時間/1日/1ヵ月単位の負荷トレンド表示などが行えます。

ホーム(エネルギフロー)

ホーム(エネルギフロー)

ホーム(シンプル)

ホーム(シンプル)

トレンドグラフ

トレンドグラフ

蓄電池情報表示

蓄電池情報表示

イベント履歴

イベント履歴

警報表示

警報表示

本棚程度の奥行きの薄型筐体と高い静音性

省スペース大容量の蓄電池を搭載しながら奥行きを「本棚」程度に抑えました。また背面のメンテナンススペースが不要ですので「本棚」の様に壁に付けることもできるため通路などの狭空間にも設置も可能です。充電完了後には冷却ファンが停止して無音になるため「音」が気になる有人施設でも設置場所を選びません。

※充電中、バックアップ運転中は冷却ファン動作

耐震クラスS、条例キュービクル対応の筐体構造

耐震クラスS災害時に活躍するUPSが地震など振動により損傷することは許されません。本UPSは耐震クラスSに対応しています(中層階まで)。また蓄電池ユニット増設時は4800Ahを超えるため消防条例を考慮する必要がありますが、条例キュービクル適合品のため手間がかかりません。

※一般社団法人電池工業会が発行する「条例キュービクル適合品」マーク貼付済み。
※転倒防止のため設置する際は必ずアンカーボルトで床に固定してください。

単相200V入力に対応可能(ご注文時オプション)

小規模施設では単相100Vの5kVAは比較的大容量となるため用意できない場合があります。単相3線の引き込みがあればオプションの入力トランスにより200V入力に対応可能です。また三相200Vの単相使用でも供給可能です。入力トランスは本体に内蔵できるため追加スペースは不要です。

その他機能

停電中にバックアップ運転が再開できる「コールドスタート」搭載

停電中に一旦負荷のバックアップが不要となった場合に蓄電池を無駄に消費しないため装置を完全に停止することができます。停電継続中でも再び負荷が必要なときは「コールドスタート」により装置を起動させてバックアップ運転を再開できます。

通信インターフェイスによる外部との連携機能(予定)

LANインターフェイスを装備しており構内LANに接続できます。無償提供予定のWindowsPCアプリと連携することにより停電の通知やメール送信、残りバックアップ時間の表示が行えます。

プログラマブルな出力接点

停電時や故障時、運転時などの割り付けが可能なプログラマブル出力接点を2CH用意しています。これにより外部機器との連動が可能です。

システム配置

システム配置例

導入サポート

長時間バックアップシステムでは蓄電池容量の選択に負荷の「平均消費電力」の見積もりが重要です。
特にインキュベータでは冷凍サイクル中か否かで消費電力が大幅に異なるため定格仕様のみで算定すると過剰な蓄電池容量となる場合があります。「平均消費電力」が不明な負荷については負荷メーカに問い合わせ頂くか、事前に計測器により消費電力を実測する必要があります。
また「突入電流」の有無の確認も行います。負荷メーカ、型式などをお知らせいただければ弊社でサポートいたしますのでお問い合わせください。

仕様

型式 機能 外形寸法 質量
YSB-5K UPS本体 W1120×D290×H1270(mm) 435kg
YSB-5K-2N UPS本体(200V入力オプション) W1120×D290×H1270(mm) 485kg
YSB-BU 蓄電池ユニット増設用 W1120×D290×H1270(mm) 415kg
システム型式例
交流入力
項目 仕様
定格容量 6kVA(入力定格低減機能により1~6kVAに設定可能)
相数 単相2線(アース付き)
定格電圧 100V(オプションにより200V入力可能)
電圧変動範囲 ±10%
定格電流 60A
(入力定格低減機能により10~60Aに設定可能・200V入力オプション使用時は左記電流の50%)
定格周波数 50/60Hz
周波数範囲 ±5%
入力力率 負荷力率と同じ
交流出力
項目 仕様
商用運転時 定格容量 5kVA/4kW(最大負荷容量を参照)
相数 単相2線(アース付き)
定格電圧 入力電圧と同じ
定格電流 50A(最大負荷容量を参照)
定格周波数 入力周波数と同じ
効率 97%以上(定格運転時、200V入力時は94%以上)
過負荷耐量 120%(1分間)
バックアップ
運転時
(停電時)
インバータ
定格容量
5kVA/4kW
相数 単相2線(アース付き)
定格電圧 100V
電圧精度 定格電圧±1%
定格電流 50A
定格周波数 50/60Hz
周波数精度 定格周波数±0.01Hz
定格負荷力率 0.8(遅れ)
負荷力率範囲 0.7(遅れ)~1.0
効率 93%以上(定格運転時)
過負荷耐量 120% (1分間)
波形 正弦波
電圧過渡変動 ±5%以内(無負荷⇔定格負荷において)
電圧整定時間 50ms以下(精度内復帰時間)
電流波高率 2.5以下
電圧歪率 総合:2%以下(線形負荷において定格運転時)
総合:6%以下(非線形負荷において定格運転時)
切替時間 10ms以内(商用運転⇔バックアップ運転)
充電器動作時
項目 仕様
制御方式 定電圧定電流方式
定格充電容量 5kVA ※
交流入力 相数 単相2線
定格電圧 100V(オプションにより200V入力)
電圧変動範囲 ±10%
周波数 50/60Hz
周波数範囲 ±5%
入力力率 0.95以上(充電容量5kVA時)
高調波電流
含有率
総合: 5%以下 各次: 3%以下
(充電容量5kVA時/電圧波形歪なき場合)
直流出力 定格電圧 245V
電圧精度 定格電圧±0.5%
定格充電電流 24A
効率 93%以上(充電容量5kVA時、200V入力時は90%以上)

※充電容量(kVA) = 入力定格(kVA) - 負荷容量(kVA)
※入力定格は入力定格低減機能で1~6kVAに設定できます。
※最大充電電力設定により必要な範囲で充電を制限することも可能です。

蓄電池
項目 仕様
種別 小型制御弁式鉛蓄電池(長寿命タイプ)
期待寿命 10年(周囲温度25℃ フロート寿命)
単体 公称容量 38Ah(C20)
公称電圧 12V
セル数 6セル(6直列)
直流出力 個数 18個(18直列)
公称容量 38Ah(C20)
4104Ah・セル(合計108セル)
公称電圧 216V
使用電圧範囲 189~245V
蓄電池ユニット増設 標準内蔵1ユニット + 4ユニットまで増設可能
方式
項目 仕様
運転方式 パラレルプロセッシング方式
運転方式 商用運転時 充電器として動作
バックアップ
運転時
インバータとして動作
変換方式 IGBTフルブリッジ
定格 連続
冷却方式 強制空冷(充電時、バックアップ運転時)
インターフェイス
項目 仕様
表示・操作 カラーLCDタッチパネル、電源LED(白)、警報LED(赤)
表示項目 各種モニタ、警報、運転状態、イベント履歴、蓄電池の寿命予測、残りバックアップ時間
接点出力 無電圧C接点×2ch
出力項目 運転中、停止中、停電中、軽故障、中故障、重故障、SOC低下(任意選択可)
接点容量  AC125V/0.5AまたはDC24V/1A
通信インターフェイス イーサネット(10/100Mbit、Auto-MDIX対応)
環境
項目 仕様
設置場所 屋内(塩害、塵埃、腐食性ガス、異常振動なきこと)
周囲温度 0~40℃
周囲湿度 15~85%RH(結露なきこと)
標高 1000m以下
絶縁抵抗 500Vメガーにて 10MΩ以上
耐電圧 AC2000V 1分間
漏れ電流 3.5mA以下
騒音 バックアップ運転時:55dB以下(装置正面1m A特性)
充電完了時:無音
発熱量 バックアップ運転時:50~380W(負荷による)
充電完了時:50~150W(負荷による)
塗装色 マ ンセル 2.5 PB9/2 半ツヤ

外形図

外形図

バックアップ時間等

バックアップ時間

工場出荷時、周囲温度25℃における期待値

負荷容量
(kW)
バックアップ時間(時間:分)
本体のみ +1BU +2BU +3BU +4BU
5.00 0:52 2:02 3:21 4:45 6:07
4.00 1:13 2:42 4:26 6:09 7:49
3.20 1:33 3:32 5:42 7:47 9:47
3.00 1:42 3:52 6:11 8:24 10:34
2.40 2:21 5:08 8:00 10:45 13:24
2.00 2:50 6:13 9:33 12:44 15:51
1.60 3:45 7:57 12:01 15:56 19:49
1.20 5:04 10:30 15:39 20:43 25:48
1.00 6:25 12:42 18:53 25:02 31:13
0.80 8:06 15:38 23:25 31:14 39:02
0.70 9:16 17:57 26:56 35:54 44:53
0.60 10:46 20:51 31:16 41:42 52:07
0.50 12:32 24:27 36:41 48:54 61:09
0.40 15:36 30:13 45:20 60:36 76:46
0.30 20:17 38:21 57:53 78:31 99:53
0.20 27:54 56:06 86:18 117:57 138:38
0.15 34:53 69:07 106:55 135:06 168:53
0.13 41:17 81:40 126:37 158:15 197:49
0.10 46:30 93:35 135:02 180:04 225:05
0.05 69:39 134:49 202:13 269:38 337:03
0.02 98:23 190:27 285:40 380:54 476:07
0.01 113:29 219:40 329:30 439:21 549:11

※蓄電池の経年劣化は、目安として10年で初期容量の80%です(周囲温度25℃)。

最大負荷容量

蓄電池の充電電流を確保するため、入力定格(入力定格低減機能により設定可能)および蓄電池ユニット数に応じて下表の負荷容量以下でご使用ください。

入力定格
(kVA)
連続時最大負荷容量(kVA)※/ 連続時最大負荷電流(A)※
本体のみ +1BU +2BU +3BU +4BU
1.0 0.7 / 7 0.5 / 5 0.4 / 4 0.2 / 2 -
1.5 1.2 / 12 1.0 / 10 0.9 / 9 0.7 / 7 0.5 / 5
2.0 1.7 / 17 1.5 / 15 1.4 / 14 1.2 / 12 1.0 / 10
2.5 2.2 / 22 2.0 / 20 1.9 / 19 1.7 / 17 1.5 / 15
3.0 2.7 / 27 2.5 / 25 2.4 / 24 2.2 / 22 2.0 / 20
3.5 3.2 / 32 3.0 / 30 2.9 / 29 2.7 / 27 2.5 / 25
4.0 3.7 / 37 3.5 / 35 3.4 / 34 3.2 / 32 3.0 / 30
4.5 4.2 / 42 4.0 / 40 3.9 / 39 3.7 / 37 3.5 / 35
5.0 4.7 / 47 4.5 / 45 4.4 / 44 4.2 / 42 4.0 / 40
5.5 5.0 / 50 5.0 / 50 4.9 / 49 4.7 / 47 4.5 / 45
6.0 5.0 / 50 5.0 / 50 5.0 / 50 5.0 / 50 5.0 / 50

※負荷変動により一定時間充電電流が確保できる場合は上記の負荷容量を超えてご使用いただける場合がありますのでご相談ください。

充電時間

充電率0→70%までのおおよその充電時間(工場出荷時、周囲温度25℃)

充電容量
(kVA)
充電時間(時間:分)
本体のみ +1BU +2BU +3BU +4BU
0.5 15:50 31:40 47:30 63:20 79:10
1.0 7:55 15:50 23:45 31:40 39:35
1.5 5:17 10:33 15:50 21:07 26:23
2.0 3:58 7:55 11:53 15:50 19:48
2.5 3:10 6:20 9:30 12:40 15:50
3.0 - 5:17 7:55 10:33 13:12
3.5 - 4:31 6:47 9:03 11:19
4.0 - 3:58 5:56 7:55 9:54
4.5 - 3:31 5:17 7:02 8:48
5.0 - 3:10 4:45 6:20 7:55

※充電容量(kVA) = 入力定格(kVA) - 負荷容量(kVA)
※入力定格は入力定格低減機能で1~6kVAに設定できます。

使用上のお願い

消耗品(バッテリおよびファン)の交換・メンテナンスの実施について

バッテリ・ファン交換や定期点検、メンテナンスは当社にて承ります。
最寄の営業所にお問い合わせいただくか、こちらのページからお問い合わせ下さい。

本製品は定期的な部品交換・メンテナンスの実施を推奨しております。
バッテリは長時間使用しますと劣化が進み、充電しても容量が回復しなくなります。バッテリ寿命は、ご使用環境(周囲温度、バックアップ回数など)により影響を受けます。
「約10年」を目安に交換してください。(推奨交換時期は搭載バッテリ種類により異なります。)
寿命をすぎたバッテリをそのまま使用し続けますと、電解液もれや、著しい場合には発煙などの重大な二次障害を引き起こす原因になる場合があります。また冷却用ファンも定期交換を実施してください。

YSB-5Kシリーズは下記のような「消防用設備の非常用電源」としては使用できません。
  • 屋内消火栓設備
  • スプリンクラー設備
  • 各種消火設備
  • 自動火災報知設備 通信補助設備
  • 非常警報設備
  • 誘導灯
  • 排煙設備
  • 非常コンセント設備
  • 無線など

上記のような消防用設備のバックアップには、日本電気協会の蓄電池設備認定委員会による型式認定が必要になります。
詳細は管轄の消防署にお問い合わせ下さい。

条例キュービクル式蓄電池設備に関して

YSB-5Kシリーズは火災予防条例(例)13条に定められる条例キュービクル式蓄電池設備適合品です。
但し、装置内に収納しているバッテリの合計が4800Ahセル以上の場合、所轄の消防署へ蓄電池設備の届出が必要になります。
各市町村によって基準が異なりますので詳細は管轄の消防署にお問い合わせ下さい。

突入電流が発生する負荷のバックアップの場合

突入電流が発生する負荷は、最大電流値を考慮した選定が必要になります。さらに、ギリギリの容量で選定はせず負荷率80%程度での使用を推奨いたします。
突入電流を考慮せず選定すると過電流となり装置が停止・故障する原因となりますのでご注意下さい。

搬入・据え付け

製品のお納めは、原則「国内指定場所 軒先渡し」とさせていただきます。荷降ろし以降の作業はお客様にて実施願います。
→時間指定配送、荷降ろし、搬入設置、据え付け、配線工事、工場立会、試運転調整などの作業は別途お見積もりのうえ当社にて承ります。ご注文の際にお申しつけください。

定期点検・部品交換

定期点検・部品交換について

本製品の期待寿命は定期的な点検・部品交換を実施して約15年です。
期待寿命は使用環境や運転状況により変化しますので、安全に長くご使用いただくためにも定期的な点検・部品交換の実施を推奨致します。

  • 定期点検:毎年(推奨)
  • 部品交換:10年周期
    ※部品交換の際は、定期点検も実施致します。

交換推奨部品例
交換推奨部品

※バッテリは種類・設置環境によって期待寿命が変わります。
 また、部品寿命も環境(温度・塵埃等)により大きく左右されます。

ダウンロード

PDF 個別カタログ(YSB-5K)1.5MB

PDF 総合カタログ(YSB-5K)1.5MB

製品名 仕様書 外形図 結線図
YSB-5K (255kb) (179kb) (293kb)

価格表

コンパクト型長時間バックアップ対応UPS YSB-5Kシリーズ
型式 標準価 備考
YSB-5K 1,830,000 UPS
YSB-BU 1,290,000 増設バッテリ
トランス内蔵による入力200V対応 220,000 オプション
製品詳細ページ
電源に関するお問い合わせ