蓄電システム、UPSなら電源装置の専門メーカーYAMABISHI



YAMABISHI 負荷装置の選び方

各種製品写真

ヤマビシマリスヤマビシマリス

負荷装置とは、バッテリなどに模擬負荷として接続され各種試験を行うための装置です。

Image

様々な製品ラインナップを取り揃えています。試験内容や用途に応じてカスタム製作いたします。

負荷装置とは、バッテリなどに模擬負荷として接続され各種試験を行うための装置です。

YAMABISHI 負荷装置の選び方

製品選定Q&A事例形式で選定におけるQ&Aをご紹介します。

電子負荷装置とはどのようなものですか?

 

A

スマホを使っているとバッテリが減りますよね。
これはバッテリに充電した電気を、スマホが各機能を果たすため消費しているからです。
電源から電気を消費するものを負荷と呼びます。
電子負荷装置は模擬的に電気消費量を細かく設定できて、バッテリの特性や寿命を確認できる装置です。

Image

おすすめのYAMABISHI製品

YRDシリーズ / YTR-KTRシリーズ

バッテリ放電試験以外での使い道はありますか?

 

A

スイッチ、ヒューズ、ブレーカなどの試験において、通電電流を一定に制御する用途にもお使い頂いております。

Image

おすすめのYAMABISHI製品

YTR-KTRシリーズ

電気部品の寿命試験を行える製品はありますか?

 

A

寿命試験用負荷システムがございます。
試験する電気部品、試験内容、その他要求仕様をご教示いただければカスタムにて都度対応させていただきます。

Image

おすすめのYAMABISHI製品

スイッチ寿命試験用負荷装置

バッテリの放電試験をしたいのですが、YRDシリーズとYTR-KTRのどちらがおすすめでしょうか?

 

A

バッテリの回生電力を構内で再利用し、大容量を製作可能なYRDシリーズがおすすめです。
スイッチングノイズを極力おさえたい、回生電力を発生させたくない場合などは、YTR-KTRのご使用をおすすめします。

Image

おすすめのYAMABISHI製品

YRDシリーズ / YTR-KTRシリーズ

様々な負荷試験を1つの製品で行えませんか?

 

A

行えます。YTR-KTRシリーズをご利用ください。
バッテリ放電、コンデンサ放電、各種材料の特性、ヒューズ遮断溶断等の試験やスイッチ等の寿命試験に適用可能です。

Image

おすすめのYAMABISHI製品

YTR-KTRシリーズ

交流負荷装置の製作は可能ですか?

 

A

要求仕様に応じて製作の可否を判断致します。ご相談ください。

YAMABISHIは電源装置のプロフェッショナル集団です。 YAMABISHIは電源装置のプロフェッショナル集団です。
電源機器に関するご相談・ご質問・資料請求は
お近くの営業所までお気軽にお電話ください!

お電話でのお問い合わせは

  • 東京03-3767-8861
  • 名古屋052-325-7511
  • 大阪06-6307-2751

メールでのお問い合わせは

お問い合わせフォームへ